【Vue】Trello風のタスク管理をつくる(ダウンロード可)

こんにちは❗フリーランス・エンジニアの 九保すこひ です。

さてさて、前回は「Vueでポップアップする画像つきセレクトボックスをつくる」という記事をお届けしました。

個人的にVueでガッツリとコードを書いたのが久しぶりだったのですが、やっぱりVueは使いやすいのでまたひとつ何かを作りたくなってしまいました。

そして、思いついたのが今回テーマの・・・

Trello風のタスク管理

です。

Trelloとはタスク管理の有名サイトですが、タスクをドラッグ・アンド・ドロップで状態変更するのが特徴的です。

そこで❗

今回はこの「ドラッグ・アンド・ドロップで状態変更する」機能をVueで作ってみたいと思います。

ぜひ皆さんのお役に立てると嬉しいです😊✨

 

「開発でTrelloを使ってる人も
多いんじゃないでしょうか」

開発環境: Sortable 1.10.1、Vue 2.6.11、Vue.Draggable 2.23.2、Lodash 4.17.15

この記事を見たらできること

Trello のようにタスクをドラッグ・アンド・ドロップで移動させる機能がつくれます。

デモページはこちら

ではやっていきましょう❗

HTMLをつくる

まずはHTML部分です。

<html>
<head>
    <link href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.4.1/css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet">
</head>
<body>
    <div id="app" class="px-5">
        <h1 class="my-4">タスク管理</h1>
        <div class="row">
            <!-- 👇 グループ化したデータをループ ・・・ ① -->
            <div class="col-md-4" v-for="(statusItems,statusId) in items">

                <!-- 👇 ステータス名を取得 ・・・ ② -->
                <h4 v-text="getStatusName(statusId)"></h4>

                <!-- 👇 Vue.Draggableのコンポーネント ・・・ ③ -->
                <draggable class="list-group"
                           v-model="items[statusId]"
                           group="items-todo-list"
                           @change="onChange($event, statusId)">
                    <div class="list-group-item bg-light"
                         :key="i.id"
                         v-for="i in statusItems"
                         v-text="i.name"></div>
                </draggable>

            </div>
        </div>
    </div>
    <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/Sortable/1.10.1/Sortable.min.js"></script>
    <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/vue/2.6.11/vue.min.js"></script>
    <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/Vue.Draggable/2.23.2/vuedraggable.umd.min.js"></script>
    <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/lodash.js/4.17.15/lodash.min.js"></script>
    <script>

        new Vue({
            
            // ここにVueコード

        });

    </script>
</body>
</html>

①グループ化したデータをループ

v-forを使ってループする内容は次のようなステータス(1: 入荷、2: 検品、3: 出荷)でグループ化したものです。(データ加工は次の項目で紹介します)

{
  1: [
    { id: 1, name: '商品名 - 1', statusId: 1 },

    // 省略

  ],
  2: [
    { id: 5, name: '商品名 - 5', statusId: 2 },

    // 省略

  ],
  3: [
    { id: 10, name: '商品名 - 10', statusId: 3 },

    // 省略

  ]
}

②ステータス名を取得

該当するステータス名をVueから取得します。

③Vue.Draggableのコンポーネント

今回Vue.jsSortable.jsを連携させたVue.Draggableを使いますが、このパッケージはとても便利で、「draggable」という名前の専用コンポーネントを用意してくれています。

そのため、<draggable> ... </draggable>の中に<div></div>タグをセットするだけでドラッグ・アンド・ドロップ機能が有効になります。

JavaScriptをつくる

続いて、メインのJavaScript部分を作っていきましょう。

new Vue({
    el: '#app',
    data: {
        items: {},
        statuses: [ // 👈 状態
            { id: 1, name: '入荷' },
            { id: 2, name: '検品' },
            { id: 3, name: '出荷' },
        ]
    },
    methods: {
        getStatusName(statusId) {

            // 👇 statuses から該当する名前を取得する ・・・ ①
            const status = _.find(this.statuses, {
                id: parseInt(statusId)
            });
            return status.name;

        },
        onChange(e, statusId) { // 👈 ドラッグ・アンド・ドロップで移動したとき ・・・ ②

            if(e.added) {

                console.log('追加情報:', statusId, e.added);

            } else if(e.removed) {

                console.log('削除情報:', statusId, e.removed);

            }

        }
    },
    mounted() {

        // 👇 テストデータの作成 ・・・ ③
        let allItems = [];
        const statusIds = _.map(this.statuses, 'id');

        for(let i = 0 ; i < 25 ; i++) {

            allItems.push({
                id: i,
                name: '商品名 - '+ i,
                statusId: _.sample(statusIds) // ランダムに取得
            });

        }

        this.items = _.groupBy(allItems, 'statusId');

    }
});

では、こちらもひとつずつご紹介します。

①statuses から該当する名前を取得する

Lodash.jsを使って、statusesの中から「該当するidname」を返しています。

statuses: [
    { id: 1, name: '入荷' },
    { id: 2, name: '検品' },
    { id: 3, name: '出荷' },
]

なお、ここで重要なのがparseIntの部分です。
なぜなら、idの型は数値なので、もし文字列の場合は別のものと判断されるからです。

②ドラッグ・アンド・ドロップで移動したとき

Vue.Draggableが用意しているchangeイベントです。

コードを見ていただくと分かるように、1回の移動でaddedremovedのそれぞれ2回実行されることになります。

③テストデータの作成

ここでは、まずstatusesから全idを取得します。
(今回の場合は1, 2, 3

statuses: [
    { id: 1, name: '入荷' },
    { id: 2, name: '検品' },
    { id: 3, name: '出荷' },
]

そして、そのstatusIdsからランダムにデータ取得しながら25件のテストデータを用意します。

そして、_.groupBy()statusIdごとにグループ化します。
(ここが「グループ化したデータをループ」で説明した部分です)

テストしてみる

では、実際にテストしてみましょう❗

「入荷」にある「商品 – 4」を、「検品」の3つ目に移動させてみます。

ドラッグ・アンド・ドロップすると・・・・

はい❗
思ったとおりに移動させることができました。

成功です😊✨

教材ソースコードをダウンロードする

今回実際に開発した教材ソースコードを以下からダウンロードできます。

Trello風のタスク管理をつくる

CDNを使っているので展開したらすぐ実行できますよ👍

おわりに

ということでVueを使った移動できるタスク管理機能を作ってみました。

今回の開発で特に思ったことは、「Vue.Draggableがほぼ全て管理してくれるので頑張る部分がほとんどない😊」でした。

こういった便利な機能をどう組み合わせるかが開発者としての「腕」に繋がってくると思います。(ただ、カスタマイズする必要がある場合は自前での実装も検討した方がいいかもしれません👍)

ぜひ皆さんも便利なプラグインを探してみてくださいね。

ではでは〜❗

「画像編集のときは、
幻ラジオ聞いてます😉」

この記事が役立ちましたらシェアお願いします😊✨ by 九保すこひ
また、わかりにくい部分がありましたらお問い合わせからお気軽にご連絡ください。
(また、個人レッスンも承ってます👍)
このエントリーをはてなブックマークに追加       follow us in feedly