【JavaScript】日付や都道府県、通貨など日本関連のデータを扱うwafujsを公開しました!

さてさて、この間【保存版】令和に対応!和暦↔西暦変換をPHP、JavaScript、Pythonで実行する方法という記事で元号の扱い方をご紹介しましたが、これは以前から公開している「Wafu」というパッケージをメンテナンスしているときに思いついた記事になります。

そして、このWafuは日付や都道府県、通貨など日本独自のデータを扱うためのライブラリになっているのですが、今回クライアントサイドでも使う必要が出てきたため、急遽(世間はですが😅)10連休を利用してJavaScript用に移植してみました。

利用できる項目は以下の13個です。

  1. 曜日
  2. 長い曜日
  3. 月名
  4. 旧暦月名
  5. 性別
  6. 都道府県
  7. 地方
  8. 和暦
  9. 日付
  10. 通貨
  11. 消費税
  12. 郵便番号
  13. 半角英数字、スペース

※ なお、元のパッケージはLaravel専用のパッケージですが、こちらは純粋なJavaScriptライブラリとしてつくっています。(ただし、時間を扱うメソッドはmomentjsが必要になります)

インストールは、npm一発で実行できます。

npm i wafujs

使い方はGitHubが見やすいと思うので、以下のページをご覧ください。(JavaScript版は全て日本語で説明しています)

https://github.com/SUKOHI/wafujs

ということで、今回は短いですがパッケージの告知でした。
皆さんの開発に役に立てれば嬉しいです。(また、もし追加してほしい機能があったらGitHubのIssueにでも投稿してください😊✨)

ではでは〜!