0円で実行可能!BitBucketでコード管理する方法

これまで、素晴らしいクライアント様方とお仕事をさせていただいた結果、数多くのプロジェクトに関わらせて頂きました。

規模としては、それほど大きな開発ではなかったため、ファイル共有やバージョン管理の必要性が少なく、ほぼローカル環境(と、外部記憶装置)に保存してきていたのですが、このやり方はさすがに「時代の流れに遅れをとってるぞ・・・」感があるのも事実でした。

そこで、これからは時流に乗って開発ソースコードをgitで管理することにし、それを実現させるため、BitBucketを使うことにしました。(BitBucketは、5ユーザーまでなら無料で利用可能なのです)

今回は、その手順を紹介します!

1.BitBucket

まずはBitBuketに登録しないと始まりません。
アカウント作成フォームからユーザー登録をしましょう。

登録が完了したら、ログインして、以下の手順でリポジトリ(プロジェクト)を作成してください。

すると、左側から以下のようなリンクが出てくるので、repositoryをクリックします。

新規リポジトリ・作成フォームが表示されるので、リポジトリ名(プロジェクト名)を入力して作成ボタンをクリックしましょう。

※ちなみに、非公開リポジトリのチェックを外してしまうとソースコードが公開されてしまうので注意してください。(デフォルトで問題ないと思います)

リポジトリ作成が完了すると、ページ下に次のようなリンクが表示されてると思うので、「既にプロジェクトがあります。」をクリック。

では、ここからは表示されたコンテンツを見ながらgitの操作をしましょう。

2.Git

まずソースコードを管理したいプロジェクトのルート・フォルダにターミナルで移動します。もしatomとかphpstormを使ってるようでしたら、備え付けのもので問題ありません。


そして、以下のコマンドでgitをスタート(初期化)します。

git init

そして、ソースコードをアップロードするには最低でも一回はコミットされていないといけないので、以下の2コマンドでファースト・コミットを実行します。

git add .
git commit -m "First commit"

で、さきほどBitBucketで表示されていたコマンドを実行しましょう。

リモートの場所を登録し、

git remote add origin https://*****@bitbucket.org/*****/git-test.git

ソースコードをプッシュ(アップロード)します。

git push -u origin master

これを実行するとパスワードを聞かれるので、入力してエンターキーを押すとアップロードが開始されます。

以下のような結果が表示されたらアップロードは完了です。

Counting objects: 3, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 296 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://*****@bitbucket.org/*****/git-test.git
 * [new branch]      master -> master
Branch master set up to track remote branch master from origin.

さぁ、これでBitBucketにリポジトリが作成されました。
次回からは、プログラムに追加/変更/削除があったら、

git add .
git commit -m "(変更の内容)"

と、コミットして以下のように通常プッシュすればOKです。

git push origin master

※ masterはブランチの名前です。もしブランチ他にも作成している場合は、環境に合わせてfeature-*****などとしてください。

これで完了です。
リポジトリの一覧を見てみると、新しいプロジェクト名が表示されているはずです。

お疲れ様でした。
これからは、作業のロールバックも簡単になるかと思います。
(ロールバックはほとんど、phpstormのローカル・ヒストリーを使ってますけど・・・)

終わりに

そういえば、GitHubでもプライベート(非公開)・リポジトリをある一定までなら無料で作成できたはずなのに、今回確認すると有料になっていました。

ウェブサービス開発者からすると、いい傾向と言わないといけないんですけど、対抗馬のBitBucketが無料で使えちゃうとなると、そっちに流れてしまうのが人間の心情ってもんです(笑)

しかもBitBucketは利用ユーザーが増えても負担がとても少ないので、もしこっちが有料になっても引っ越しすることはないのかなー、なんて思ってます。
BitBucketさん、いつもありがとうございます。m_ _m



にほんブログ村 IT技術ブログへ  にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ


BugGUI バグ報告を効率化
たった3分でバグ報告完了!? BugGUI