Laravel 9.x で高速ビルドツール「Vite」を使ってみる

こんにちは❗フリーランス・エンジニアの 九保すこひ です。

さてさて、これは過去記事で何回か書いたことがあるんですが、私には「あまり好きではないテクノロジー」があります。

それが・・・・・・

ビルド(トランスパイル)

です。

ビルド」というのは、(いくつか役割があるのですが)とてもシンプルに言うと、「省略して書いたコードをブラウザが読める形に直してくれる」というものです。

そして、この事自体はとても気に入っているのですが、それでも私が開発にあまり採用してない理由が「ビルドにはその都度時間がかかる」というものがあります。

つまり、コードを書くテンポが「ビルド待ち」によって強制ストップされ、頭の中にあった「戦略」がすっとんでしまうからです。(待ってる間、いろんなこと考えちゃう集中力のないヤツなんです…😭)

ただ、少し前にこの「待ち」をすっ飛ばしてくれる技術があることを知りました。

それが・・・・・・

Vite

です。

Viteはフランス語で、日本語では「砂糖大根」や「冒険王」のように「ビート」と読むようです。

そこで❗

今回は、Laravel-Mixの代わりにViteを使ってビルド環境を試してみたいと思います。

ぜひ何かの参考になりましたら嬉しいです😄✨

ViteVueの作者は同じです。
天才ですね」

開発環境: Laravel 9.x

前提として

Laravel Viteを動かすには、いくつか要件が必要になってきます。

以下はその中でも重要な2つです。
もし環境が整っていない場合は先にインストールしておいてください。

  • PHP 8.0 以上
  • Node 16 以上

※ その他の要件は こちら

また、UbuntuNode 16LTS)をインストールする方法は「ちなみに: Ubuntu 20.04 に Node 16 をインストールする」をご覧ください。

なお、「Viteを使う = Webpack(Laravel Mix)を使わなくする」ということなので、既存のファイルを削除などフォルダ構成が変更してしまいます。

そのため、まずは新規にLaravelをインストールして試してみることをおすすめします。

では、順を追って見ていきましょう❗

webpack.mix.js を削除

WebpackVite へ移行するので、Laravelのフォルダ直下にあるwebpack.mix.jsは削除します。

Laravel Mix をアンインストールする

次に、Laravel Mixのパッケージも不要なので削除します。
以下のコマンドを実行してください。

npm remove laravel-mix

これで、package.jsonからもlaravel-mixが消えることになります。

composer パッケージをインストールする

次に、LaravelViteが使えるようになるパッケージ laravel-vite をインストールします。

composer require innocenzi/laravel-vite:0.2.*

※ ちなみに以下のコマンド実行すると、コンフィグファイルconfig/vite.phpに作成されます。細かな設定をしたい場合はこちらから変更するといいでしょう。

php artisan vendor:publish --tag=vite-config

npm パッケージをインストールする

続いて、Viteとプラグインのインストールです。

npm i -D vite vite-plugin-laravel @vitejs/plugin-vue

※ ちなみに-D--save-devと同じです。

package.jsonを書き換える

次に、もうlaravel-mixは使わないので、vite用にpackage.jsonを書き換えます。

package.json

{
    "private": true,
    "scripts": {
        "dev": "vite",
        "build": "vite build"
    },
    "devDependencies": {
        "@vitejs/plugin-vue": "^2.2.4",
        "axios": "^0.25",
        "lodash": "^4.17.19",
        "postcss": "^8.1.14",
        "vite": "^2.8.6",
        "vite-plugin-laravel": "^0.2.0-beta.9"
    }
}

※ (私の環境では)はじめ7行ありましたが、2行に置き換えました。

ViteからJavaScript が読み込めるようにする

そして、テンプレートからViteJavaScriptにアクセスできるようにします。

といっても、これはテンプレートに@viteをセットするだけでOKです!

なお、後でVue 3のコンポーネントをつくるので、<div id="app"></div>も一緒にセットしておいてください。

resources/views/welcome.blade.php

        </div>

        <div id="app"></div>
        @vite

    </body>
</html>

※ テストですので、welcom.blade.phpにセットしていますが、本来はlayouts/app.blade.phpなどにセットすることになると思います。

Vite の設定ファイルをつくる

そして、設定ファイルを用意します。

vite.config.ts

import { defineConfig } from 'vite'
import vue from '@vitejs/plugin-vue'
import laravel from 'vite-plugin-laravel'

export default defineConfig({
    plugins: [
        vue(),
        laravel()
    ]
})

require() を import 形式へ変更

ここがちょっとめんどうなのですが、ViteESMで作られているようなので、app.js以下にある全てのrequire()importへ変更します。

resources/js/app.js

import './bootstrap'

resources/js/bootstrap.js

import _ from 'lodash';

// 省略

import axios from 'axios'

axios.defaults.headers.common['X-Requested-With'] = 'XMLHttpRequest';

// 省略

※ つまり、今後別のパッケージをインストールしてもrequire()ではなく、importを使うようにしてください。

Vueコンポーネントをつくる

では、せっかくですのでVue 3でコンポーネントをつくり、welcome.blade.phpで表示できるようにしてみましょう。

resources/js/app.js

import './bootstrap'

// 👇 ここを追加しました

import { createApp } from 'vue'

import App from './vue/App.vue'
createApp(App).mount('#app')

resources/js/vue/App.vue

<script setup>

  import { ref } from 'vue'

  const count = ref(0)
  const addCount = () => {

    count.value++

  }

</script>

<template>
  <button @click="addCount">{{ count }} 回クリックしました!</button>
</template>

テストしてみる

では、ここまで来たらViteを動かすことができますので、実際に試してみましょう❗

以下のコマンドを実行してみてください。

すると・・・・・・

はい❗Viteが起動しました。

では、この状態でトップページ「http://******/」にアクセスしてみましょう。

はい❗
さきほど追加したコンポーネントが表示されています。

では、何回かクリックしてみましょう。

どうなるでしょうか・・・・・・

はい❗
ちゃんとカウントされています。

では、ブログでは分かりにくいかもしれませんが、Viteがどれだけリアルタイムに変更を反映させてくれるかも確認したいので、コンポーネントを英語バージョンへ変更してみます。

<template>
  <button @click="addCount">Clicked count: {{ count }}</button>
</template>

ファイルを保存すると・・・・・・??

はい❗ほぼビルドを使わないのと同じぐらいリアルタイムで反映されました。
しかもすごいことに、クリック回数が保持されたまま変更されています。

Viteおそるべし😲✨

そして、最後に実際に本番環境用にビルドできるか確認してみます。
まず、現状のコマンドをCtrl + Cでクリアして(←環境で違うかも…)、以下のコマンドを実行してください。

npm run build

すると、以下のような表示になりビルドが完了しました。

では、.envAPP_ENVproductionへ変更します。

.env

APP_ENV=production

これで一度トップページをリロードして確認してみましょう。

はい❗先ほどと同じく表示されています。
では、ソースコードの方も確認しておきます。

        </div>

        <div id="app"></div>
        
        <!-- 👇 ここが Vite サーバーではなく、実際のファイルを参照しています -->
        <script type="module" src="http://vite-l9.test/build/assets/app.d54f2625.js"></script>
    </body>
</html>

はい❗
実体のあるファイルを参照しています。

成功です😄✨

企業様へのご提案

従来のlaravel-mixと比べると、Viteははるかに高速なレスポンスを実現しています。

そのため、コードを変更するごとに必要となっていた「ビルド待ち」がほぼなくなるので、開発テンポがあがることが期待できます。

もしLaravelViteを導入されたい方はぜひお問い合わせからご連絡ください。お待ちしております。😄✨

ちなみに: Ubuntu 20.04 に Node 16 をインストールする

私が開発で利用しているUbuntuLinux)は標準ではNodeJSのバージョンが12のままなので、LTS(長ーくサポートするバージョン)の16をインストールします。

と言っても以下のコマンド2つを実行するだけでOKです👍

curl -fsSL https://deb.nodesource.com/setup_16.x | sudo -E bash -
sudo apt-get install -y nodejs

これでインストールが完了です。
以下のコマンドで確認してみましょう!

node --version

実際にやってみて結果はこちら。

完了です😄✨

おわりに

ということで、今回は超高速なビルドツールViteLaravelで使ってみました。

ちなみに感想としては、「ちょっと変更する部分が多いから最初はめんどうかな…😅」というものでした。

ただ、ホントにこれまでのビルド時間を考えると「スズメとタカ」ぐらいの差を感じましたので、今後Laravel 10とかでViteが採用になるか、Laravel-Mixの選択肢の1つとしてサポートしてくれたら嬉しいな、なんて考えてました。

あと、少し前に発表された以下のニュースにも期待しています。

📝 参考ページ: マイクロソフト、JavaScriptに型宣言を追加しつつトランスパイラ不要の「Types as Comments」をJavaScript仕様策定会議のTC39に提案へ

皆さんのご意見はいかがでしょうか。
ぜひ試してみてくださいね。

ではでは〜❗

「Yoshiki スタイルで
ピアノ練習してます」

開発のご依頼お待ちしております 😊✨
開発のご依頼はこちらから: お問い合わせ
どうぞよろしくお願いいたします!
このエントリーをはてなブックマークに追加       follow us in feedly  

開発効率を上げるための機材・まとめ